FC2ブログ

THE FUJIYA GOHONJIN(後編)

建物の奥の方に通していただきました。
昼間にもかかわらずほの暗い空間で、とても落ち着きます。

RIMG1719_650.jpg

RIMG1720_500.jpg

RIMG1721_500.jpg

ここは旅館の頃は1つのお部屋だったらしく、なんとも広い事に驚きです。
雰囲気のある個室はもともと押し入れだったとかで、、、いったいどんなものが
この中に納まっていたのだろう?って思う程も広さ!

RIMG1723_500.jpg

RIMG1724_650.jpg

の〜んびりと寛いで帰路につきました◎

ブログランキングに参加しています、クリックお願いします◎
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村


.16 2012
歴史的建築物:史跡:旧跡 comment(4) trackback(0)

comment

たくあん
やっぱり中も素敵ですね。
以前行った時は結婚式で貸し切り状態だったので
あまり近寄る事もせず遠くから撮っておしまいにしてました(^_^;)

また行く機会があった時には軽く休憩させてもらおうかな。
2012.07.17 02:28
自遊人
外観も内装も素敵です。
でも掃除が大変そう・・・貧乏性なのでどうしてもそんなことが気になってしまいます。

デザート美味しそう!最近ご無沙汰だwwwa
2012.07.17 05:58
shioring
■たくあんさん
それはそれは残念でしたね。。。
中、とても素晴らしく、ビリヤード台だったものを
切って受付カウンターにしていたりと、見所たくさん
でした。いつものようにキョロキョロしながら撮影していると
それを察したスタッフの方が、写真の沢山入ったパンフレットを
わざわざ持って来てくれましたよ♪
2012.07.19 16:38
shioring
■自遊人さん
確かに広々としているのでお手入れは大変かもしれません。
私たちが行った時はちょうど、庭師の方が何人も作業中でした。

甘いものは歩いた後には必須です♪
2012.07.19 16:39

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shioringazumino.blog52.fc2.com/tb.php/574-ef9d09ec

プロフィール

shioring

Author:shioring
2010春に埼玉から信州は安曇野へお嫁に来ました。田舎へ順応していく日々を更新しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク