FC2ブログ

建て御柱(穂高 倉平地区)

2つめは穂高 倉平地区です。

RIMG0573_650.jpg

こちらも雲がなければ常念岳がバックに見えるシチュエーションです。
ここも常念岳がちょうど見えるのか~!何て思ったものの、昔は家も少なかった
だろうし、何処からでも常念岳見えていたのでは?と、思い始めました。

RIMG0574_650.jpg

RIMG0578_650_20120113120605.jpg

さ~て帰ろうかな、と道を挟んだ反対側をふと見ると、、、あら?三九郎!
そうか、建て御柱を倒した後は火にくべるのねきっと。
って、昨年はまったく気がつかなかった私(笑

ブログランキングに参加しています◎クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村
.13 2012
伝統行事 comment(2) trackback(0)

comment

自遊人
こんばんは

昔は住居も少なかったでしょうが、元々道祖神祭りと三九郎はセットだったようなので、建て御柱のある風景は案外変わらないかも知れません。
道祖神の前の道が舗装されたりして、三九郎の場所が離れた田んぼとかに移動した所も多いですね。

御柱の正面はその年の恵方に向けて立てられるそうですよ。
毎年違うのですね。気づきませんでした。

> 火にくべる
そう言えば最近あまり耳にしない言葉です。
もしかして「釘をぶつ」とか言いませんかね?
2012.01.13 17:53
shioring
■自遊人さん
こんばんは。

昨日TVでやっていた野沢温泉の火祭りも
道祖神祭りなのですね。
知らない事ばかりです。
実家の近所には道祖神なんて無かったし。。。

御柱、向きが変わっているのですか!それは
知らなかったです。

火にくべる。
そもそも火を熾す機会が殆どないですもんね(笑
2012.01.17 17:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shioringazumino.blog52.fc2.com/tb.php/492-d03b08f1

プロフィール

shioring

Author:shioring
2010春に埼玉から信州は安曇野へお嫁に来ました。田舎へ順応していく日々を更新しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク