FC2ブログ

三九郎

松本あめ市に行った後、急いで帰宅して地区の三九郎の撮影に出掛けました。
3時に点火、とのことで急いで向かいます。

RIMG0610_650.jpg

どうやら間に合いました♪
火をつけると風もあってか勢い良く煙が流れ出しました。

RIMG0619_500.jpg

RIMG0621_650.jpg

時折、竹の破裂する爆音が鳴るものの、ちびっ子達(特に男の子)は大喜びで
雪を投げつけていました(笑

RIMG0625_500.jpg

RIMG0627_500.jpg

RIMG0634_500.jpg

やがてあっという間に倒れてしまい、火の届かなかった一番上にあったダルマを、さも
馴れた手つきで火にくべるちびっ子。頼もしいですねぇ~

RIMG0638_650_20120110142142.jpg

RIMG0639_500.jpg

RIMG0642_500.jpg

たくましいなぁ~~~!

RIMG0653_500.jpg

RIMG0614_650.jpg

種火になったら各々が作ったであろう繭玉を火にくべるのだろうが、我が家の愛犬が
火が怖くてずっとプルプルしているので帰宅しました(笑

ブログランキングに参加しています◎クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村



.10 2012
伝統行事 comment(4) trackback(0)

comment

自遊人
こんばんわ

三九郎はそもそも子供中心の行事のようですね。
道祖神祭り、御柱などと一緒にお祭りが行われるようです。
ところで三九郎の名前の由来は諸説あって定説がないようですね。
最初聞いた時はなんのことやらさっぱりわかりませんでした。
人の名前みたいですしね。

以前、繭玉をグループホームで飾る時、施設長から「高い所に」と言われました。ひとり食べちゃう人がいるのです。なにせ生肉見ても「美味しそうだね」と言って手を出します。自遊人は秘かに「食欲原人」と名をつけていました。
2012.01.10 21:12
shioring
■自遊人さん
こんばんは~!

そうですね、子供のいない夫婦の我々はちょっと形見が
狭かったです(笑
こちらに来るまでこのような伝統行事があるなんて
全く知りませんでしたよ~。

繭玉、美味しいらしいですね。
お子様達は大喜びだそうですが。
来年は私も味見してみたいです。
2012.01.11 17:51
azumino-macro
shioringさん、こんばんは
shioringさんの地区の三九郎は、我が地区とはまた違っていている所が面白いですね。
我が家も子供はもうすでに高校生なので、大人だけの参加は、
何だかちょっとバツが悪いです^^;
繭玉、私も食べてみたいので、
来年は、作って、こっそり混じって食べてみましょうかねぇ?^^;
2012.01.12 18:59
shioring
■azumino-macroさん

こんばんは~!
我が地区は割とコンパクトな感じでしょうか。

azumino-macroさんも同じでしたか(笑

繭玉、甘いのでしょうか~?
素朴な味なのかなぁ~?何て思っています。
2012.01.14 00:24

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shioringazumino.blog52.fc2.com/tb.php/489-f41285bd

プロフィール

shioring

Author:shioring
2010春に埼玉から信州は安曇野へお嫁に来ました。田舎へ順応していく日々を更新しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク