FC2ブログ

亀田屋酒造2(酒遊館/貯蔵庫/仕込庫)

亀田屋酒造店の面する道は、かつて塩の道として人馬が行き交ったといわれる
千国街道で、明治3年頃、酒造業を創業されました。

現在、酒遊館となっている蔵は江戸時代慶応年間に建てられたもので、1階は製品の試飲
が出来る直売所となっています。

RIMG0082_500_20110421213052.jpg

2階は明治期の文書や酒造りの道具が展示されています。かつてこの部屋は杜氏を初め
蔵人の寝室として最近まで使用されていたそうです。

RIMG0019_500_20110421213002.jpg

人手を最も必要とした、昭和初期には20名程の蔵人が寝起きし、精米から仕込み、
上槽にいたるまで、一冬 酒造りに専念したそうです。

貯蔵蔵、仕込庫は外観は所謂『蔵』って感じでしたが、中へ入るとだいぶリフォーム
された様子がうかがえます。

RIMG0072_650_20110421213052.jpg

RIMG0057_650_20110421213002.jpg

土蔵作りの中に巡らされた配管や、タンクが不思議な感じ。

RIMG0058_650_20110421212951.jpg

RIMG0061_500_20110421212950.jpg

とにかく蔵の中はとてつもない寒さです。これが真冬だと更に。。。!

RIMG0071_650.jpg

寒さ、お米、水が有るからこそ信州は日本酒が美味しいのでしょうね。

RIMG0084_650_20110421213051.jpg


つづく

ブログランキングに参加しています◎クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村
.21 2011
歴史的建築物:史跡:旧跡 comment(0) trackback(0)

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://shioringazumino.blog52.fc2.com/tb.php/340-bd532afc

プロフィール

shioring

Author:shioring
2010春に埼玉から信州は安曇野へお嫁に来ました。田舎へ順応していく日々を更新しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク