スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

やしょうま作り

今月の民芸を学ぶ会では『やしょうま』作りを体験しました。

信州に越して来てから初めて聞いた言葉ですが、お釈迦様が入滅した
(亡くなった)日、『涅槃会』にお供えする上新粉で作ったお餅の事です。

RIMG0911_650.jpg

まずは手順を聞き(レシピなんてありません、笑)早速 調理開始。

上新粉とお砂糖の入ったボウルに、熱湯を少しずつ注ぎながら手で練って行きます。

RIMG0914_500.jpg RIMG0916_500.jpg

しっかり捏ねる事ができたら、一握りずつ千切って丸め、平に伸し、お椀型にして
蒸気のあがった蒸し器に入れます。

熱々のものを取り出し(水で冷やす方法もあるそうですが)練ります。
流石に熱くてヤケドしてしまった方も。。。

RIMG0918_500.jpg

RIMG0930_650.jpg

作るものをしっかりと想像し、三色それぞれの色をつけ、成形します。
ただ、作っているうちにすぐ乾いて固くなるので、常に蒸し器に入れたり出したり。

RIMG0919_500.jpg

RIMG0924_500.jpg

我々の班は無謀にも(私の提案で)ウサギにチャレンジ!
皆、初めての事で想像ができずに悪戦苦闘しましたが、何とか形に?

RIMG0928_650.jpg

もう一班はお花。色がこのくらい濃い方が柄がハッキリ出てキレイですね。

RIMG0921_500.jpg

RIMG0932_650.jpg

Aさんが点ててくれたくれたお茶をいただきながら、お味見♪

RIMG0938_500.jpg

RIMG0942_650.jpg

美味しくないものだとばかり思っていましたが、先生がちょっとイイ粉を買って
きてくれたお陰か、とっても美味しかったです◎


ブログランキングに参加しています◎クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
.25 2012
民芸に学ぶ comment(2) trackback(0)
 HOME 

プロフィール

Author:shioring
2010春に埼玉から信州は安曇野へお嫁に来ました。田舎へ順応していく日々を更新しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。