スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

朝比奈克文 作陶展

12月中旬のこと、須坂のギャラリー「ぶらり館」で朝比奈さんの作品展が
開催されたので伺ってきました。

_DSC7717_1331.jpg

_DSC7703_1329.jpg

_DSC7711_1332.jpg

_DSC7707_1330.jpg

_DSC7706_1328.jpg

今回は主人がずっと欲しかった納豆鉢と、マグカップをいただきました。
少しずつ朝比奈さんの作品が増えて行くのがとても嬉しいです♪


ブログランキングに参加しています◎クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.01 2014
ギャラリー comment(0) trackback(0)

朝比奈克文 作陶展

長野市の善光寺近く、かんてんぱぱショップの2階、門前ギャラリーにて個展を
されると知り、はるばるやって来ました◎

RIMG1021_500_20120415223917.jpg

RIMG1022_650_20120415223915.jpg

朝比奈克文さんの作品との出会いは穂高の雑貨店「作家屋」さんでした。

夫婦そろって好みが完全に一致する事って、そうそうないのですがこの方の
陶器は一目見てお互いが気に入ってしまいました。

RIMG1023_650_20120415223914.jpg

RIMG1024_500_20120415223913.jpg

気軽に買える金額でもないので、記念日などにちょっとずつ集めることに
しているので、現在我が家にはおひたしなどを盛るのにちょうど良い小鉢
と、取り皿に良い大きさのお皿2枚あります。

RIMG1025_650_20120415223912.jpg

RIMG1026_500.jpg

こんなに朝比奈さんの作品をいっぺんに見るのは初めてで、とても興奮して
しまいます。今回はどれにしよう、ティーポットやカップ&ソーサーも良いし
もちろん大鉢も欲しい。。。と悩む事暫し。

RIMG1027_650_20120415223947.jpg

RIMG1028_500.jpg

片口の浅い大鉢と、深めの中鉢を購入。明日、米のとぎ汁で煮たらまたアップ
します♪


■朝比奈克文 作陶展■
http://www.kantenpp.co.jp/papa_shop/html/shop_daimon.html
場所:かんてんぱぱショップ2階門前ギャラリー
   長野市大字長野大門町57
会期: 4月13日(10:00より)~ 4月17日(16:00まで)
時間:10:00~18:00 (最終日のみ16:00まで)


ブログランキングに参加しています◎クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村


.15 2012
ギャラリー comment(0) trackback(0)

アートカフェ清雅

ちょっと前の事。記事がだいぶ滞ってしまいましたが。。
豊科のこども病院近くにある『アートカフェ清雅(せいが)』へ行ってきました。

RIMG0102_500_20110226190559.jpg

着物と帯の型染め展をやっていたのでそれ目当てで。

RIMG0104_650_20110226190558.jpg

明治19年築の元庄屋の米蔵が、元の良さをそのままにギャラリーとカフェに
なっています。

RIMG0108_650.jpg

RIMG0106_650_20110226190556.jpg

RIMG0105_500_20110226190558.jpg

民芸調でまとめられた店内でゆっくりと珈琲をいただきました。
流石に土蔵なので冬はかなり底冷えしますが、とても落ち着ける空間なので
気に入っています◎


■アートカフェ清雅■
住所:安曇野市豊科3550-1
電話 :0263-72-3982
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜



ブログランキングに参加しています◎クリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 安曇野情報へ
にほんブログ村



.26 2011
ギャラリー comment(0) trackback(0)
 HOME 

プロフィール

Author:shioring
2010春に埼玉から信州は安曇野へお嫁に来ました。田舎へ順応していく日々を更新しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。