スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

明治村9 宇治山田郵便局

■宇治山田郵便局■
建築:明治42年(1909)
旧所在地:三重県伊勢市

木造平屋建銅板葺で、中央には円錐ドームの屋根、両翼屋には寄棟の屋根をふせ、
正面の左右には小ドームの載る角塔をたてています。

RIMG0173_500_20101110184425.jpg

外装は漆喰塗りと下見板張りの壁が使い分けられており、欄間部分には漆喰塗りの
レリーフが施されえいます。

モスグリーンのものはよく見かけますが、芥子色の板張りの建物を見るのは初めてです。

RIMG0175_650_20101110184424.jpg

RIMG0189_500_20101110184459.jpg

窓には3段、あるいは4段の回転窓がつけられているが、これは他には余り
例を見ない形式だそうです。

RIMG0176_650_20101110184424.jpg

中へ入ると円形のホールがあり、その周りにはカウンターがあって現在も郵便局の
窓口として利用されています。

売っている切手が一般のものだったのでちょっとガッカリ。

RIMG0178_500_20101110184423.jpg

明治4年、20年のポスト。

RIMG0180_650_20101110184423.jpg

RIMG0181_650_20101110184500.jpg

RIMG0182_650.jpg

この何とも言えないゴツゴツ感のある円柱のポストは、未だによく見かけますね。
スポンサーサイト
.10 2010
歴史的建築物:史跡:旧跡(愛知県) comment(0) trackback(0)

明治村8 聖ザビエル天主堂

■登録有形文化財:聖ザビエル天主堂■
建築:明治23年(1890)
旧所在地:京都市中京区河原町

日本にキリスト教を伝えたイエズス会宣教師、フランシスコ・ザビエルを
記念して建設された、典型的なゴシック様式のカトリック教会堂です。

RIMG0160_650_20101101164037.jpg

正面入り口の上には直径3.6mを超える大きな薔薇窓が取り付けられ、切妻の
頂点には十字架が掲げられています。

RIMG0150_500.jpg

RIMG0153_650_20101101164015.jpg

両側に並ぶ柱は、軒まで達する太い角柱に幾本もの細い丸柱をつけた束ね柱に
なっています。

RIMG0155_650.jpg

ステンドグラスは色ガラスに模様を描いたもので、外に透明ガラスを重ねて
保護されています。

RIMG0157_650_20101101164014.jpg

現在掲げられている薔薇窓は昭和48年、京都から移築する際に新しく
挿げ替えられたものです。

永年、風雨に堪えてきた実物はこのように教会内に展示されています。

RIMG0154_650_20101101164015.jpg

.01 2010
歴史的建築物:史跡:旧跡(愛知県) comment(2) trackback(0)

明治村7 高田小熊写真館

■登録有形文化財:高田小熊写真館■
建築:明治41年(1908)
旧所在地:新潟県上越市

1階には応接室、暗室の他に住まいがあります。
天井や鴨居が低過ぎて私でも圧迫感を感じる程。

RIMG0135_500_20101101162346.jpg

RIMG0136_500.jpg

階段を上がって行くと手すりや壁にチューリップの装飾がありました。
創業者の小熊和助氏の趣味なのか、当時流行っていたものなのかは
わかりませんでした。

RIMG0137_650_20101101162345.jpg

小熊氏は、日本のスキー発祥の地であるこの高田において、
オーストリア陸軍のレルヒ少佐が初めてスキーを教えた様子を写真に
収めたことで知られています。

RIMG0142_650_20101101162404.jpg

RIMG0141_650_20101101162347.jpg

RIMG0140_500_20101101163318.jpg

当時は人口照明がなかったので、北側の屋根が全面ガラス張りになっています。


RIMG0143_500_20101101162404.jpg
.01 2010
歴史的建築物:史跡:旧跡(愛知県) comment(0) trackback(0)

明治村6 金沢監獄正門/菊の世酒蔵

■登録有形文化財:金沢監獄正門■
建設:明治40年(1907)
旧所在地:石川県金沢市

煉瓦造りに石の帯状装飾を入れるのは当時の洋風建築の流行です。

外側、内側の装飾の差が激しく、内側には足掛けが一切ありません。
逃亡防止でしょうね。

内側
RIMG0130_500_20101101160303.jpg

外側
RIMG0132_500_20101101160303.jpg


■登録有形文化財:菊の世酒蔵■
建築:明治初年頃(1868)
旧所在地:愛知県刈谷市

この蔵は、元は愛知県碧南市で穀物蔵として使用されていたもので、
明治28年に刈谷市に移築されて『菊の世 廣瀬酒造』の仕込み蔵として
使用されていたものです。

RIMG0144_500_20101101160302.jpg

RIMG0148_500.jpg

外部には土壁を風雨から守る板壁が引っ掛けられていますが、一旦
火災の恐れがあれば、全て取り外しが出来る仕組みになっているそうです。

RIMG0149_500.jpg

RIMG0146_500_20101101160302.jpg

.01 2010
歴史的建築物:史跡:旧跡(愛知県) comment(0) trackback(0)

明治村5 東京駅警備巡査派出所/金沢監獄中央看守所・監房

■登録有形文化財:東京駅警備巡査派出所■
建築:大正3年(1914)
旧所在地:東京都千代田区丸の内

構造は鉄筋コンクリートで、煉瓦は化粧煉瓦です。
この工法は日本で行われ始めた新しいものだったそうです。

RIMG0115_650_20101031010337.jpg

RIMG0124_500_20101031010337.jpg


■登録有形文化財:金沢監獄中央看守所・監房■
建築:明治40年(1907)
旧所在地:石川県金沢市

外見上は普通の西洋館の外壁と変わらないが,実は三重壁になっていて
内外が厳重に区切られています。

RIMG0116_500_20101031010336.jpg

八角形の中央看守所を中心に、左右及び正面奥と左右斜め奥に5つの舎房が
放射状に配されています。

RIMG0117_500.jpg

移築復元にあたっては第五舎房の一部だけが遺されました。

RIMG0119_650_20101031010335.jpg

RIMG0122_650.jpg

独居房の内部が再現されていたり、中に入る事もできますが、ちょっと
人形が不気味です。。。(笑
.31 2010
歴史的建築物:史跡:旧跡(愛知県) comment(0) trackback(0)
 HOME 

プロフィール

Author:shioring
2010春に埼玉から信州は安曇野へお嫁に来ました。田舎へ順応していく日々を更新しています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。